ブログ記事が書けない悩みを解決!驚異のAtoZライティング

 
この記事を書いている人 - WRITER -
神楽大地(かぐらだいち)
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、神楽大地です。

ブログを書いているとよく耳するのが、

「どうやったらそんなに書けるようになるんですか?」

「途中で止まってしまって、ブログを書くの向いてないって思って心が折れます」

ということで、今回は「ブログを書く秘訣」について紹介していきたいと思います。

この記事を読んだあと、あなたはブログが書きたくなって仕方がなくなりますw

そして

ブログ記事を書き始め、タイピングする指が心地よいリズムをきざみながらキーボード上でダンスすることでしょうw

逆に今回のことを知らずにずっとブログを書き続けると、ブログを書くことに疲れたときに心が折れてしまう可能性が高いです。

せっかくブログを書くスキルが身につきかけているのに「自分には向いてない」と思い込みでブログが書けなくなってしまいます。

そうならないように、この記事で取り上げることを意識してみてくださいね。

ブログを書く手が止まる不安を取り除く

ブログを書くために必要なことは、情報収集とそれを編集する力です。

あ、カッコつけて言いましたが・・・

要するに、伝えたい情報を書く力ということですw

ブログで取り上げるテーマを決めて、それについて書いていきます。

ただ、いつもスラスラ書ければ問題ないですが途中で手が止まってしまうのです。

ここで、みんな

「やっぱり自分には向いてない・・・」

「書くことが思いつかない」

「書き方がわからない」

とすごく不安になってしまうんです。

しかし、逆に言えば、この不安さえ取り除ければブログを書き続けることができるということです。

その解決策として「AtoZ ライティング」というものがあります。

書けなくなったらAtoZライティング

AtoZライティングとは、最初から最後まで書き通すという方法です。

「なにそれ?」「当たり前じゃん?」

って思ったかもしれないですが、非常に大事なのです。

つまり

どんなに完成度が低くても最後のシメまで書き通す

ということです。

どんな優れたライターでも手が止まってしまうときはあります。

ブログを3000記事以上書いてても手が止まりますw

でもそんなときはまず、悩んでいる部分を放置してでも次に進んで書いていくのです。

ゼロから文章を考えるよりも、完成した後に「何が足りないのか」「どうつなげたらいいのか?」と考える方がうまくいく場合があります。

なので、とにかく記事を不格好でもいいので最後まで書き通すことを意識するのです。

この「AtoZライティング」を意識すると、見直す癖もつくので非常におすすめですよw

さあ、ブログを書いてみよう

今回の記事で、記事を書いている途中で手が止まってしまう恐怖が少しは軽減されたと思います。

記事作成中に手が止まってしまうことは誰にだってあるのです。

でも、そこで立ち止まらずに完成度が低くてもいいから書き通してみください。

修正や付け足しを意識すれば、完成度はいくらでも上げられるのですから

 

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Kglass-神楽だいち公式サイト- , 2020 All Rights Reserved.