ブログの記事が書けないときの原因と対処方法!サボり癖の治し方も

 
この記事を書いている人 - WRITER -
神楽大地(かぐらだいち)
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

ブログやメルマガを書いている人には、共通の悩みがあります。

それが、『書けない』という状況です。

これは文章を書いている人は誰もが通る道ですね。ネットビジネスを始めたばかりの人にも多い悩みではないでしょうか・・・

実は私もよく『書けない・・・どうしよう』と迷っていました。

ブログを作っていて、パソコンの前で1時間も2時間も頭を抱えていたこともあります。なので、この記事を読んでくださっているあなたの気持ちは痛いほどわかるのです。

そこで、今回は、なぜ文章が書けないのか原因や理由、記事が書けなくなった時、文章が思いつかなくなた時、どうすればいいのかをご紹介していきたいと思います。

私みたいに、1時間も2時間もパソコンの前で頭を抱え続けるのは嫌ですよね・・・この記事を参考に、バリバリ文章をかける状態になっていきましょう。

それでは、まいりましょう。

文章が書けない理由や原因まとめ

  • 記事にするネタがない
  • 何をどうやって書けばいいのか『書き方』がわからない
  • 考えすぎている
  • モチベーションが上がらずサボってしまう
  • 文章を書く自信がない

 

だいたいこの5つではないでしょうか。それでは、それぞのれ解決方法についての対処方法していきたいと思います。

 

文章が書けないときの対処方法まとめ

書けない時 ライティング 解決方法

 

記事にするネタがない

ブログを作っているときに困るのがやはり『ネタ』ですよね。

 

記事にするネタがない、ネタの探し方がわからないということが一番の悩みだと思います。おそらくそういった人は『今日書いて、今日、明日にアクセスされそうなネタ』を探しているのではないでしょうか?

 

確かに、今日アクセスがくる、すぐ当たるネタということでいえば、ネタ数は少ないかもしれません。

 

※実は、その日に爆発するネタというのは気がつかないだけゼロということはないのです。

 

ただ、ブログを始めたばかりの人だと『気がつかない』『ネタになるとは思えない』だけなのです。しかし、『今日書くネタがない』ということは決して少ないないのです。

 

『今日書いたネタ』は、明日当たるかもしれませんし、数ヶ月後にアクセスが爆発するということもあります。なので、ネタがないということは、ありえないということを覚えて置いて欲しいです。

 

ただ、そうはいっても、ネタの選び方がわからないよ!と思いますよね笑

 

はい、私もそうでした。

 

最初、私も教えられたときに『ネタはたくさんありますよ』と言われて、『なるほど!』と思ったのですが次に『何を書いていいかわからない・・・』という状態になったのです。

 

なので、そういうときは、自分が興味があるジャンルから無理やりにでもネタにするのです。私は、あまりにネタがないときは、漫画やアニメのジャンルからネタを探したりしていました。

 

見ていたアニメで気になったシーン、考察、漫画の発売日などです。他にも気になったニュース記事に書かれていない関連情報などですね。

 

実際、漫画の発売日などの記事はアクセスを集めてくれました。好きなものなら気になることも見つけやすいと思います。

 

何をどうやって書けばいいのか『書き方』がわからない

 

文章の書き方がわからなくなった場合は、以下を参考にしてみてください。

 

記事がスラスラ書ける方法とは!書く前にやるべきことまとめ

 

この記事では、書くために何をしていけばいいのかを解説しています。どんな記事を書くのか、記事に必要なものはなんなのか、どういう手順で書くのかを組み立てていくと文章は簡単に書けるということを紹介しています。

 

書けなくなったら、参考にしてみてください。

 

考えすぎている

 

いい文章と書こうとすると、手が止まってしまいます。これは、初心者から中級者に多い原因だと私は思っています。

 

ブログを書き始めのころは、自分の伝えたいことを文章にすることにハードルをあげすぎていています。ある程度書き慣れてくると、『もっとうまく書けるはず』と悩んでしまいます。

 

確かに、『綺麗な文章』というのは読みやすいです。しかし、毎回綺麗な文章が書けるとは限りません。

 

文章のプロの小説家でさえ、編集者や校閲が入ってはじめて本になるのですから、今日書く記事が完璧であるほうが難しいのです。なので、書けないときは、『思いのまま』に書いてみましょう!

 

うまく書いている文章よりも。『熱意』だけで書いている文章のほうが読んでいて面白いことのほうが多いです。

 

モチベーションが上がらずサボってしまう

 

このあたり、一人でやっているとかなりきついですよね。コミュニティーに入っていると同じようにがんばっている仲間がいたり、メンターの人と話して鼓舞してもらったりできます。

 

サボってしまうな〜という気持ちはわかるのですが、これも解決することができます。実はこれは今まで紹介してきたもので解決できてしまうのです。

 

サボってしまうのは、ネタが見つけられなかったり、書く手が止まったり、うまく書けないだろうと勝手に判断してしまうことが原因です。パッとネタを見つけて、思いのまま書く癖ががついていれば『書くしかないっしょ!』という気分になるのです。

 

だって、友達にLINEを送るテンションで書けるようになっているので!(既読スルー癖のある人はわからないですが笑)

 

あとは、2週間くらい強制的に最低1日1記事書くというルールを決めておくといいですよ。

 

人は習慣化すると、『やらないと気持ち悪い』という状態になります。なので、歯磨きと同じように、やらないと気持ち悪くて眠れない気分になってきます。

 

習慣化というのは、面白いもので、記事の質どうこうではなく、毎日書いてさえいれば、自然とサボるということはなくなってくるので安心してください。

 

文章を書く自信がない

 

これについては、『慣れてないからしょうがない』というように割り切ることが大切です。もし、自分の文章を気にするならば、本屋さんにいけば、文章の書き方の本はいくらでもあるのでのぞいてみるといいですね。

 

でも、実際の解決策は『書く』ことでしか自信はつきません。アクセスさせ集まってくるようになれば、自然と自信は出てきます。

 

書くしかないと割り切ることが大切なときもあります。

書けないときって焦りがちだけど、一つ一つ原因をさぐれば、なんとかなるもんですね

ささめきさん


やる気にさせてくれる人の存在もけっこう大事だね

いちどーくん

まとめ

 

この記事を読んでお気づきかもしれません。私も決して文章がうまいというわけではないのです。ただ、書いて、アクセスを集めた実績があります。

 

確かに、自分でも『今回はよく書けたな!』と自画自賛するときもあります、しかし、そんな記事は少しだけです。

 

昔の記事なんてみると、直したいところだらけですよ。ただ、書くことでしか見えてこないのです。良い結果と悪い結果を分析することでしか見えてこない部分もあります。

 

結局か!と突っ込まれるかもしれないのですが・・・とにかく、『思いのままに書いてみる』ということを実践してみてください。

 

正しいやり方で実践していけば結果は生まれるので、信じて書き続けてみてください。

それでは、ワーワー言ってますが

ささめきさん


お時間です。さようなら〜

いちどーくん

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Kglass-神楽だいち公式サイト- , 2019 All Rights Reserved.