アドセンスブログのネタの集め方!困ったときに使えるサイトを紹介

 
この記事を書いている人 - WRITER -
神楽大地(かぐらだいち)
詳しいプロフィールはこちら

アドセンスブログをやっているときに一番困るのが『ネタ』の選定ですよね。

どんなものがネタになるのか最初はわからないですよね。そこで、今回私の経験をもとにオススメの参考サイトやネタになるニュースサイトを紹介してみたいと思います。

ぜひ、困ったときに参考にしてみてください。

記事ネタ

 

トレンドブログのネタは主に、速報、未来、発見に分けて考えています。詳しくはこちらの記事で紹介しているので、一読してみてください。

アドセンスブログのネタの種類!記事を書くべきタイミングとは?

 

簡単に触れておくと以下のような感じです。

 

速報系のネタ・・・今まさにリアルタイムで話題になっているネタ

未来予想系のネタ・・・明日〜数ヶ月後に話題になるであろうネタ

発見系のネタ・・・ニュースになる前に話題になると気がつくネタ

 

速報系のネタで使えるサイト

 

 

速報系はスピードが命です。とにかく『速報』となっているものに関してはチャンスが多いので狙い目なんですね。

 

というのも、どのニュースサイトも『とにかく早く伝えねば』という感じなので詳細まで触れてないことが多いです。

 

つまり、その速報系のニュースから『次に何が気になるのか』を先回りして記事にするとアクセスを集めることができます。

 

速報系としては、速報をそのままネタにするというよりは、速報の出来事を先回りするように意識するといいですよ。

 

速報系のネタの鮮度は5時間以内が理想ですね。12時間以内でも書いてみる価値はあるかもしれませんが、その場合はライバルより濃くかくことを意識してみてください。

 

未来予想系ネタサイト

未来予想記事

 

未来予想系はその名の通り、事前に書くことです。

 

 

未来予想系ネタの王道はやはりテレビ欄ですね。

 

テレビ番組は多くの人が観ます。なので、出演者や番組内容についてわかっていることを書いてあげるといいですね。気になった番組の公式サイトは必ずチェックしておきましょう。

 

全国のイベントも気になることが多いと思います。初めてイベントに行く人は、生き方、混雑状況、トイレの位置などを気にする傾向にあります。

 

『自分がそのイベントに行くとしたら何が気になるか』を考えるとネタを見つけやすいですよ。

 

雑誌がネタになるのは、

雑誌の記事⇨話題になる⇨テレビで取り上げられる⇨検索される

となることが多いのも理由です。

 

もちろん雑誌で見てそのまま検索する人も多いので、ネタ元としてはかなり強いです。ただし、文章や写真をそのまま使うのは完全にアウトです。

 

テレビで今流行りのスポットやお店などを取り上げるときって行列ができていたりしますよね。

 

『これからはコレが流行ります』なんて先取りしているものも中にはありますが、テレビで取り上げられるときにはもうすでに『流行っている』場合が多いのです。

 

発見系ネタの見つけ方

 

これは、テレビで見ていて気になったことをそのまますぐに書くということです。

 

ある意味速報系ですが、サイトではなく『今この瞬間気になったこと』を書くといいですね。

 

例えばバラエティ番組でイニシャルトークをしていると『誰だろう』と気になりますよね。

 

記者会見でおかしな質問をした記者がいたら『なんでそんな質問したんだろう』と思うことがあると思います。

 

しかし、偶然発見するだけではなく『この番組は暴露トークが多いからチェックしておこう』とか、『記者会見の予定時間』などがわかっている場合は、事前に予想して注目しておくということもできます。

 

なので、発見がありそうな場所、出来事、番組に目を光らせておくことが大切です。

 

疑問を見つけるサイト

 

さきほど紹介したようにネタは大きく3つに分けられるのですが、共通することは『気になる』『疑問』といった要素です。

 

そこで、ストレートに疑問が書かれている質問相談系のサイトも非常におすすめですよ。

 

 

注目しているネタに対してこれらに質問が上がってないかもチェックしておくといいですね。

 

まとめ

 

記事のネタになるサイトはあげればキリがないくらいあるので、私がよく使っていたサイトをピックアップしてみました。

 

それでもたくさんあるので1日何個かはネタが転がっているはずです。最初のうちは、ネタを見つけることに苦労するかもしれませんが、記事を書いていくと『得意分野』が見えてきます。

 

得意分野が見えてくると、あなたがネタを探す場所も絞られてくるので効率よく記事を書くことができるようになります。

 

今回の記事があなたの成功につながりますように。

 

それでは、最後までお付き合いいただきありがとうございました。

ネタを探しの参考にしてみてくださいね。

いちどーくん


独自のネタ元を探してみるのもおもしろいですよ。

ささめきさん

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Kglass-神楽だいち公式サイト- , 2019 All Rights Reserved.