文字化けやバグ防止プラグイン!WP Multibyte Patchについて

 
この記事を書いている人 - WRITER -
神楽大地(かぐらだいち)
詳しいプロフィールはこちら

WP Multibyte PatchはWordPressでワードプレス日本語版を使うならば利用しておいて損はないプラグインです。

最近ではWordPressに標準でインストールされていることが多いですが、実際に有効化している使っている人は少ないかもしれません。

そこでこちらの記事では、WP Multibyte Patchの機能を簡単に紹介します。

WP Multibyte Patchは文字化けやバグ防止

 

ワードプレスを日本語版でダウンロードしているのであまり気にしていない人もいるかもしれませんが、もともとワードプレスはアメリカで開発されたものです。

 

日本語に直して作られているため、たまに文字化けや予期しないバグなどがあります。というのも、シングルバイト(英語のみ)の文化であるアメリカに対し、日本はマルチバイト(ひらがな、漢字、カタカナ)ですよね。

 

私たちの多くは日本語だけでなくローマ字もよく使います。

 

もともとが英語が標準なので、ひらがなや漢字、カタカタを入れるとごちゃごちゃになって文字化けを誘発してしまう可能性があるのです。

 

メール送信

 

例えば、コンタクトフォームでWordPressからメールを送信することがあると思います。そのときにメールが文字化けしてしまったりすることもあるようです。

 

トラックバック・ピンバック

 

WP Multibyte Patchはそういった文字化けを予防してくれます。また、トラックバックやピンバックのバグも解消されます。

 

トラックバックやピンバックで文字化けのバグが発生すると、『不明なサイト』と関係がある・・・とグーグル先生に目をつけられるかもしれません。

 

スペースや文字カウント

 

投稿画面において日本語で文字記入をしいている場合、文字数が正確にカウントされない場合がありますが、それを防止します。

検索時のスペース誤認を防ぐことができます。全角と半角の区別をつけてくれるようになります。

 

ファイルのアップロード

 

ファイルのアップロード時に文字化けしていたら、ファイルが見れなくなってしまう可能性もあります。

 

このように、正しい言語判断ができないと文字化けしたりバグが起きてしまうかもしれません

 

実は、WP Multibyte PatchはWordPressが導入をすすめているプラグインです。

 

本家版、日本語版 WordPress のマルチバイト文字の取り扱いに関する不具合の累積的修正と強化を行うプラグインです。英語圏で作られた WordPress を日本語環境で正しく動作させるために必要となる機能を網羅していますので、なんらかの対策を行っていない場合は導入をおすすめします。

引用元:WordPress

 

WordPress自体が導入しておく方がいいというプラグインなので、有効化してない人や持ってない人はインストールして有効化しておきましょう。

 

WP Multibyte Patchのインストール方法

 

プラグイン⇨『新規追加』から『WP Multibyte Patch』を検索してください。

 

文字化け

 

もしくは、すでに入っている可能性があるので確認してみてくださいね。

 

 

それでは、最後までお付き合いいただきありがとうございました。

WordPressも有効化してって言ってますね

いちどーくん

バグが減らせるならいいね。

ささめきさん

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Kglass-神楽だいち公式サイト- , 2019 All Rights Reserved.