WordPressの新エディタが使いにくい?元に戻す方法を紹介

 
この記事を書いている人 - WRITER -
神楽大地(かぐらだいち)
詳しいプロフィールはこちら

ワードプレスで記事を作成していると定期的に『今すぐ更新してください』というのを目にすることがあります。思わずポチっとやってしまうと困るということもしばしば。

実はWordPressのバージョン5.0から新エディタGutenberg(グーテンベルク)が採用されました。

新エディタなんて聞くと『便利なる』『使いやすくなる』なんていいイメージもあるかもしれませんが、これがまた今までと全く違う操作感になってしまっているのです。

もちろん新エディタは便利な機能もあるようなのですが・・・

今回の新エディタは最初に見ると困惑するくらい変わってしまっているです。なので『使いずらいと不評』なのかもしれません。

そこで、『更新したけど、元のエディタに戻したい!』という人のためにこの記事では、旧エディタに戻す方法をご紹介します。

エディタを元に戻す方法

ワードプレス 更新

 

今回に限らずバージョン5.0以上に更新した人は『エディタの仕様が変わっている!』と困惑したことでしょう。

 

新エディタ

 

新エディタに変わって焦った人もいると思いますが、安心してください!

 

プラグインを入れるだけで、元のエディターに戻すことができます。更新ボタンを押した後、新しいバージョンの案内が出てくると思いますが、一番下にこっそり案内されています。

 

もちろん、新規プラグインで『Classic Editor』を検索してインストールすることもできます。

 

 

 

 

『Classic Editor』のプラグインを有効化するといつものエディタに戻るので、ぜひやってみてください。

 

まとめ

 

今後どうなるかわかりませんが、『Classic Editor』は2021年までサポートしてくれるようです。新エディタも使い慣れれば便利だと思うので、2021年をめどに様子を見ながらやっていくといいですね。

 

今回のまとめ

新エディタは『Classic Editor』のプラグインを入れると元にもどる!

 

それでは、最後までお付き合いいただきありがとうございました。

使い慣れたものの方がいいって思っちゃいますよね。

いちどーくん

新エディタも使ってみたくはなりますね。

ささめきさん

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Kglass-神楽だいち公式サイト- , 2019 All Rights Reserved.