ブログを強くする内部SEO対策!記事を強くしてアクセスアップ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
神楽大地(かぐらだいち)
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

今回はブログを強くするSEO対策についてお話していきます。質の高いブログをつくれば、検索エンジンからの評価が上がり、ブログを上位表示させやすくなります。

逆に、何もSEO対策をしないままだと、ライバルに差をつけられてしまいブログを上位表示させるのに不利になってしまいます。

せっかく作った記事を有利にするためにもSEO対策はしておきましょう。

内部SEOとは

内部SEO

内部SEOなんて難しい言葉を使っていますが、要するに記事やサイトの質をあげることによってライバルに差をつけることだと思ってください。

 

ライバルサイトとは違ったオリジナリティのある、質の高い記事にしていくことで検索順位を上げやすくするという考えです。

 

では、具体的にどのようなことをすればいいのか紹介します。

 

ドメイン

 

ドメインには強いドメインと弱いドメインがあります。このサイトでは『.com』を取得するようにおすすめしています。

 

もっと安いドメインもあるのですが、『.com』は一般的に使われていて信頼性が高いということでおすすめしています。

 

また、ドメインは取得した期間によっても差がでます。もちろん記事更新の数も影響はするのですが、長い間運営しているブログのほうが有利ということです。

 

新規で取得したドメインよりも、取得してから数年運営されているドメインの方が強いということですね。なので、中には『中古ドメイン』をわざわざ買う人もいるほどです。

 

ただ、中古ドメインは最初から強いことが多いですが、なんらかの理由で手放しているわけで『スパム』や『ペナルティ』を受けている場合、そのまま引き継いでしまうというリスクもあります。

 

新規ドメインではムームードメインとエックスサーバードメインをおすすめしています。

ドメイン取得のおすすめの場所!ムームードメインとXサーバードメイン

 

テンプレートで差をつける

内部SEO

テンプレートによってはSEO対策が組み込まれているものがあります。そういった上位表示させやすいようなテンプレートに変えることによってブログ運営を有利に進めることもできるのです。

 

また、デザインが他と違っていることでオリジナリティのあるブログとして評価されることがあります。

 

みんなが同じテンプレートを使用しているとオリジナリティがなくなってしまうので、テンプレートを変えるということもSEO対策の一つだと知っておきましょう。

 

おすすめのテンプレート

SINKA・・・初心者でも扱いやすいテンプレートです。最初に使うにはおすすめ。

【賢威】・・・ネットビジネスの王道テンプレート。カスタマイズは上級者向きですが、カスタマイズ方法はネット上でたくさん紹介されていいます。

WordPressテーマELEPHANT3・・・デザインがかっこよくカスタマイズもしやすいテンプレート。私が月収15万円以上のプログ作成に成功したテンプレートELEPHANT2よりもさらにバージョンアップしたテンプレート。

WordPressテーマSEAL ver.1.5・・・ブログマーケッターのJUNICHIさんがこれまでずっとブログで成果を上げ続けている、『ブログ集客の仕組み作り』のノウハウを全て詰め込んだテンプレート。JUNICHIさんはELEPHANT3 の作者でもあります。

 

記事数と更新頻度

 

サイトを強くする王道が記事数です。1日1記事更新されるサイトよりも3記事更新されるサイトの方が評価はされやすいです。

 

また、記事20記事しかないサイトよりも100記事あるサイトの方が強いということです。

 

確かに記事の内容は重要ですが、記事数が少なすぎるとあまり強いサイトにならないので更新数や更新頻度を意識したほうがサイトにとっていい場合もあります。

 

記事の濃さと滞在時間

 

記事数や更新頻度が高いけど、薄っぺらい内容だったら読者はすぐにサイトからいなくなってしまいます。あまりに早くページを閉じられてしまうと評価が下がってしまうのです。

 

なので、サイトにアクセスしてくれた人にある程度ページを開いてもらう必要があります。そのためには、内容のある濃い記事にしたり、滞在時間を伸ばす工夫が必要になります。

 

興味を引く関連記事に誘導したり、おすすめ記事への内部リンクを貼るなどして、サイトにながく滞在してもらいましょう。

 

内部リンクでたくさんの記事を観てもらうことでPV数も伸ばすことができるので、内部リンクを貼るのはおすすめです。

 

まとめ

 

まとめると、サイトを訪れた人が長くいてくれるようにするということです。内容のある記事を更新し続けることによってサイトが強くなり、報酬も自然と増えていきます。

 

上記のことを意識すれば良質なサイトができあがるので、意識してやっていきましょう。良いサイトは、他の誰かが紹介してくれたりするので、それによってまたサイトが強くなります。

 

内部SEOを制するものは外部SEOも制するので、まずは内部SEO対策をしていきましょう。

 

外部SEOよりも内部SEOを重要視する理由はこちら

ブログを強くする外部SEO対策の落とし穴!被リンクの注意点まとめ

 

それでは、最後までお付き合いいただきありがとうございました。

内部SEOを意識したサイトを作っていきましょう!

いちどーくん


意識するだけでも結果が違ってきます。

ささめきさん

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Kglass-神楽だいち公式サイト- , 2015 All Rights Reserved.