GoogleのSearchConsoleの登録方法とサイトマップ設定!インデックスを早める!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
神楽大地(かぐらだいち)
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

GoogleのSearchConsoleの登録方法やサイトマップの設定をしていきましょう。インデックスを早めるための武器を手に入れて、ブログをガンガン書いていってくださいね。

恐ろしいことに、SearchConsoleを利用しないでいると、インデックスが不利になる場合があります。知っているのと知らないのでは大きな差がでてくるのでめんどくさがらずにやっていきましょう!

サーチコンソールの登録は絶対にやっておきましょう!

いちどーくん


差がつくポイントですよ!

ささめきさん

SearchConsoleの設定方法

サーチコンソール

 

かつてはウェブマスターツールというようにいわていたのですが、今はSearchConsoleとして覚えておいてください。過去の記事にウェブマスターツールの登録方法もご紹介したのですが、今回はまた改めてSearchConsoleとして別の方法を紹介してみたいと思います。

 

まず、SearchConsoleを開きましょう。

 

 

『今すぐ開始』をクリックしてください


2.『URLプレフィックス』を選択し、登録したいサイトのURLを入力して『続行』をクリックします。

※ここまででGoogleアナリティクスを設定している人は『所有権の自動確認』がされているはずです。まだの方は以下の方法をおすすめします。

 

HTMLファイルをアップロードする方法でやっていきましょう。『ファイルをダウンロード』をクリックします。

 

次にXサーバーログインします。Xサーバーのファイルマネージャーで設定する方法を紹介します。

そこから、あなたのドメイン(△△△.com)を選択すると、以下のような画面になります。そこでpublic_htmlを選択してください。

 

Xサーバーファイルアップ方法

次にファイルを選択し『ファイルのアップロード』を行います。さきほどダウンロードした、『google◯X△□.html』のファイルを選択してアップロードしてくださいね。

 

 

アップロードが確認できたら、先ほどのサーチコンソール画面にもどり、『確認』を押します。

サーチコンソールの設定が終わったらそのままサイトマップの設定までやってしまいましょう!

さあ、もうちょっとです!

いちどーくん


サイトマップ設定までやってしまいましょう!

ささめきさん

サイトマップの設定方法

サイトマップ

SearchConsoleの設定が終わって一安心ですが、サイトマップの設定まで一気にやってしまた方が今後楽になるので、もう一踏ん張りしていきましょう!といっても、そんなに難しくないので、パパッとやってみてくさいね。

 

サイトマップとは、サイトを訪れた人が『サイトのどこに、どんな記事があるのか』わかるようにまとめたものです。デパートの中にあるお店の案内地図や本の目次みたいなものですね。

 

サイトマップがあるとユーザビリティ(訪問者が使いやすく滞在時間も伸びる)の向上につながるだけでなく、Googleのクローラー(機械が巡回してサイトを見にくるイメージ)の二つの目的にも繋がります。

 

これは、インデックスが早くなる近道なので、ぜひ導入しておきましょう。それでは、サイトマップを作る手順についてご紹介していきたいと思います。やることは、Google XML Sitemapsのプラグインを入れることです。

 

GoogleXML-Sitemapsのプラグイン

XMLSitemap

 

プラグイン⇨新規追加からGoogle XML Sitemapsを検索して『有効化』してください。

 

プラグイン有効 XMLマップ

 

すると、ダッシュボードの設定のところにXML-Sitemapsが追加されているのでクリックしてください。

 

XML Sitemaps

 

赤枠の中の矢印の項目を全てチェックを入れましょう

 

XML Sitemaps 項目チェック

 

下へスクロールして『優先順位を自動的に計算しない』にチェックをいれてください

 

優先順位

 

次にまた下へスクロールして『ホームページ』『投稿(個別記事)を含める』『固定ページを含める』『最終更新時刻を含める』にチェックが入っていることを確認します。

※『カテゴリーページを含める』はどちらでもOKです。

 

最後に『設定の更新』ボタンを押すことを忘れないですくださいね。

 

XMLSitemaps 設定方法

 

これで『設定』までは完了です。つぎは、再びグーグルサーチコンソールに移動します。『サイトマップ』をクリックしてください。

空欄に『sitemap.xml』と入力します。そして、『送信』をクリックします。

 

※送信したあとは、処理が終わるまでしばらく時間がかかることがあります。

うまく処理されていれば、以下のような『成功しました』と表示されます。

 

インデックスを早める方法

インデックス早める

現在は新バージョンのやり方があるのこちらをご覧ください。

※以下旧バージョンのやり方です。参考のためにどうぞ。

さてここまで、行ってきたサーチコンソールの準備を活かすときがきました!サーチコンソールには、『Fetch as Google』という機能があり、これを使うとインデックスを早めることができます。

 

『クロール』⇒『Fetch as Google』

サーチコンソール

 

サイトのURLを記入して『取得』を押します。

 

サーチコンソール

 

『インデックス登録をリクエスト』を押してください

 

サーチコンソール

 

『このURLのみをクロールする』を選択して『送信』

 

サーチコンソール

 

以上で、インデックスが早まるはずです。(必ずしもすぐにインデックスされるわけではないですが、最初はやるとやらないでは大違いです。)

 

それでは、最後までお付き合いいただきありがとうございました。

お疲れ様でした!

いちどーくん


これでサイトを強くする準備ができましたね。

ささめきさん

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Kglass-神楽だいち公式サイト- , 2018 All Rights Reserved.