あなたが成功できないのは環境のせい!サーカスのゾウが逃げない理由

 
この記事を書いている人 - WRITER -
神楽大地(かぐらだいち)
詳しいプロフィールはこちら

自分にはできっこない・・・あなたはこう思ったことありませんか?やる前から、諦めていることありませんか?

つい最近、『鎖につながれたゾウ』という話を知りました。

ここで私も『自分も同じかもしれない・・・』と衝撃的でした。

もしかしたら、あなたが成功できない理由はこのお話にあるかもしれません。

 

もくじ

・サーカスのゾウが逃げない理由

・あなたが成功できない理由

 

サーカスのゾウが逃げない理由

 

とあるサーカスの象のお話です。

 

ゾウはとても大きく舞台に上がると凄まじい怪力を見事に披露していました。観客は立ち上がり、惜しみない称賛を象と団員に送ります。演技が終わると出番をゾウは待機します。

 

地面のささったちっぽけな『杭』に足を鎖でつながれて。

 

ある時、サーカスの象が大好きな少年はふと疑問に思います。

 

『なんで象は逃げないんだろう?確かに鎖は太く頑丈そうだけど、木を根こそぎ一本引き抜くほどの力を持ったゾウなら杭をひっこ抜いて逃げることなんて簡単そうなのに・・・』

 

あなたはなぜゾウがサーカスから逃げないかわかりますか?

 

『象はおとなしい生き物だから』『サーカス団員に懐いているから』『そういう生き物だから』・・・いろいろ理由は考えられますよね。しかし、そうではないのです。

 

サーカスのゾウが逃げないのは、とっても小さいときから同じような鎖につながれているからなんです。

 

象は小さいころに押したり、引いたりして鎖をちぎろうと逃げ出す努力をしていました。しかし小さいゾウは力がそれほど強くありません。

 

そしてある時ゾウはサーカスから逃げ出すのを諦めるのです。自分の無力を認め、運命に実を委ねました。

 

サーカスのゾウが逃げ出さないのは逃げることはできないと思い込まされているから』なんです。小さいときに「無力だ」と感じたその記憶が頭から離れないのです。

 

そしていつしか二度と自分の力を試すことは無くなります。

 

あなたが成功できない理由

成功できなり理由

私たちの多くはこのゾウと同じような記憶を持っているのではないでしょうか。あなたも鎖につながれながら生きていませんか?

 

『遠い過去のたった一度の失敗』、『親や友達から否定された出来事』、『がんばったけど結果がでなかった運動や勉強』、私たちは山ほどの『できない』を持って生きているのだと思います。

 

私は小さいころかなり太っていて鉄棒で懸垂ができませんでした。ぶら下がると自分の体重がのしかかり腕の力で持ち上げようとすると、

腕がぷるぷる震えていました。

 

手が真っ赤になって、痛い思いをしました。私はあきらめました。

 

しかし、15年後のある日ふと懐かしくなった鉄棒。何となくぶら下がり自分の体を腕の力だけで上げる。『ああ、いつの間にかできるようになってたんだな~』めちゃくちゃう嬉しかったです。

 

15年もの間チャレンジすらしなかったのは、頭の中で勝手に鉄棒にぶら下がるイメージを封印していたんだと思います。

 

もう一つ、私は文章を書いたり読んだりすることがとても嫌いでした。学校の国語のテスト、作文はもちろん本を読むことすら苦手だったのです。

 

というのも、周りから『国語苦手だよね』とか『字があまりうまくないよね』とかいろいろ言われてきて、文章を見るのも書くのも嫌になってたんです。

 

だけど今、文章書いてます笑

 

お話考えるの好きです笑

 

昔は苦手だったり、むしろ嫌いだったものが今は簡単に出来たり、好きになってたり、仕事にしてたりするんです。不思議なもんですね。

 

あなたは、どうですか?『でも・・・』、『だって・・・』、『どうせ・・・』こんな言葉をたくさん使って昔苦手だったものをしばらくやらないでいませんか?

 

それは、かなりもったいないです!

 

最後に

 

今のあなたならすぐに外せる小さな杭と、少し引っ張ればちぎれる鎖かもしれません。昔できなかったことと、今のあなたは関係ありません。

 

日々、あなたは進化しています。鎖につながれたゾウを演じるのはやめましょう!諦めるのは、今、もう一度やってからでも遅くはありません。

 

昨日ダメだった?今日できるかもしれないじゃないです!

 

私みたいに15年間チャレンジすることすら考えない状況は本当にもったいないのです。これってホントはかなり怖いことです。抜けない杭はありません。日々チャレンジです。

 

それでは。今日も最後まで読んでくださりありがとうございました。

昔の自分と今の自分は別人

いちどーくん


教えてもらう人、出会う人によって埋れてしまうことってあるんですよね。

ささめきさん

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Kglass-神楽だいち公式サイト- , 2019 All Rights Reserved.