相手に言いたいことが伝わらない原因は?会話やプレゼンで使えるコツ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
神楽大地(かぐらだいち)
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

今回はネットビジネスで記事を書くときに使えるコツなのです。文章を書くこと以外にも普段の会話や対人でプレゼンテーションするときに、相手に言いたいことをきっちり伝えることができます。

あなたは何の文章で『この文章何が言いたいの?』と思ったりしたことないでしょうか。会話してても『たくさん話をしたけどこの人の話しは頭に入ってこない・・・』と言う経験もあるはず。

もしかしたら、あなたもそう思われているかもしれません。

今回の記事で紹介するコツであなたは劇的に人に物事を伝えるのが上手くなります。

私はめちゃくちゃ物を伝えるのが下手でした

 

昔、自覚はありました・・・『話すが下手だな』と。相手に言いたいことが伝わっているのかめちゃくちゃ不安でした。

 

案の定、言っていることが伝わっていなかったりして、誤解を招いたり、トラブルになった経験もしました。しかし、たった一つのコツを意識した後、私は仕事で『教え方がうまい』と言われるようになったのです。

 

上司や仲間からは新人指導をよく任されるようになりました。直接指導した後輩たちから『神楽さんにはお世話になった』と言ってくれたのは、私のいい思い出です笑

 

『物事を伝えるのが下手』だった私が周りや後輩から『教え方がうまい』と言われるようになったコツは本当に簡単です。

 

一番言いたいことに絞る

言いたいこと 伝える 方法 コツ 指導方法

 

『なんだ、そんなことか・・・』と拍子抜けしたかもしれませんが、会話やプレゼンなど『言いたいことを伝えたい場面』ではかなり効果的なんです。

 

私は言いたいことを一つに絞って、なぜそのことを伝えたいのか理由や例を出してあげるといいですね。

 

『〇〇した方がいいよ。それは、〜だから。XXの場合でも使えるし。だからね、〇〇するとめちゃくちゃスムーズなんだ』

 

とした方が説得力もでてきますからね。

 

相手に物事を一気にたくさん伝えてしまうと相手は混乱してしまいます。というのも、人間は話しを聞くときの集中力には限界があると言われているのです。

 

『ああして、こうして、こういうことがあって、コレができてればよかったんだけれども、そういう場合には・・・』ってなるともう混乱しますよね。

 

(文章でみると大げさに思えるかもしれませんが、けっこうこういう会話の人いると思いますので、一度注目してみてください)

 

会話やプレゼンのときに複数のことを伝えようとすると、集中力と記憶力が分散してしまうようです。

 

うまく全部相手が処理してくれればいいのですが、混乱してしまうと『で、結局何が言いたかったの?』となってしまいます。

 

伝え方が下手な人の原因は、『言いたいことを一気に伝えてしまうこと』にあると思われます。

 

会話やプレゼンで言いたいことを伝えるコツ

 

一番言いたいことを一つに絞ることで相手に伝わりやすいということをお話しましたが、指導するときやプレゼンするときは一番伝えたいことを『繰り返し』伝えましょう。

 

言葉は繰り返すことで信憑性が出たり、影響力が増したりします。ただ、同じ内容のことを10回繰り返していたら『しつこいな』とうんざりされてしまいます。

 

なので、言い回しや表現方法、例えなどを変えて繰り返すようにしましょう。

 

まとめ

 

情報が目まぐるしく飛び交う現代では『言いたいことを一つに絞って伝える』というのはなかなか難しいと思われるかもしれません。

 

仕事や勉強でも覚えなければならないことがたくさんあるものに対しては、どうしても教える側が一気に伝えてしまいがちです。

 

ただ、一気に伝えるのでなく『一つずつ』を積み重ねる方が遥かに物事が伝わりやすいです。

 

一度試してみてくださいね。

 

それでは、今回は以上です。最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

伝えたいことが伝わらないこともまたポイズンなのです。

いちどーくん


伝えたいことを一つに絞って会話すると、伝わりやすいのです。

ささめきさん

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Kglass-神楽だいち公式サイト- , 2019 All Rights Reserved.